かごの雑誌入れでリビングをナチュラルな彩りある空間に

2019.02.14
本・雑誌の収納

使用ORIKAGO: 丸型Mサイズ ゼブラ ブラック・ナチュラル

どの家庭にもなにかしらの雑誌が一冊くらいはあるもの。そのお部屋にある雑誌は何に入れているでしょうか。

専用のラックに雑誌を入れている方、プラスチックの収納ボックス、床に積み置きなどいろいろな入れ方、置き方があります。お気に入りの雑誌入れがあると、お部屋の居心地も違って感じたりしませんか。

毎月購読している雑誌や旅行ガイド、興味あるスイーツ特集やコスメ特集などあると、ついつい衝動買いして気づくとリビングのあちこちに散らかっている雑誌・・。決まった雑誌入れがない方、あるけどプラスチックではなく、もう少しおしゃれなものはないかとお思いの方には自然素材のかごがおすすめです!

天然素材のかごを雑誌入れとして使いながら、リビングをナチュラルな雰囲気に彩る方法をご紹介します。

天然素材のかごでおしゃれに 〜飾る雑誌入れ〜

かごを雑誌入れとして使うなら高さのある丸型のかごだと、ポンポン入れやすくて便利です。間口が大きいので、入れやすさだけでなく、雑誌の表紙も確認できて見たい雑誌を探しやすいですよ。床置きしていて、間違えて蹴とばしてしまっても天然素材なので破損の心配もなく、足が痛くなることもありません。また、かごは軽いので雑誌が数冊入っていても掃除の際、場所移動の負担も少なくスムーズです。

柔軟な素材なので上部を少し折り込んで使うことができます。かごを持ち上げるときに折り込んだ部分に指を引っ掛ければ簡単にスッと持てるのもポイント。折り込む高さを調節することで、雑誌の表紙もより見やすくなりますよ。おしゃれな表紙やきれいな風景の雑誌の一番前に入れると、一層インテリアとしても魅力のある雑誌入れになります。スペースがあれば、2、3個並べてかごの雑誌入れをあえてきれいに並べてみせるのも素敵ですね。

楕円型のかごにポンポン投げ入れ 〜ダストボックスを兼ねた雑誌入れ〜

使用ORIKAGO: 楕円型 ベーシック ピーコックブルー

雑誌は情報誌だから、読み終わった雑誌や古い雑誌はすぐに捨ててしまうという方には、楕円型のかごがおすすめです。

間口が大きく、高さが低いかごなので、読み終えた雑誌はポンポン投げ入れが可能。必要ない雑誌が一目でわかるので、処分の目安がつけやすいですよ。高さが低いので、上までたまったら処分というルールを決めておけば、こまめな断捨離になりますね。

雑誌入れをそのまま雑誌のダストボックスとして兼用する方法もあります。

雑誌の表紙が丸見えなのは、お客さまがきたとき恥ずかしいと感じる場合は、上から大き目の布をサッとかければ、見栄えがよくなります。よりナチュラルな印象をプラスできますよ♪

まとめ

ぬくもりを感じる天然素材のかごの雑誌入れなら、リビングで簡単に入れてさっと整理でき、見栄えもおしゃれになります。かごを飾ることで雑誌を読む時間をさらに楽しめそうですね。

今までなかなか見つからなかった天然素材の彩りある雑誌入れ。ぜひお部屋に合う色を探してみてください♪