農村部でのものづくり

農村部でのものづくり

サイザルかごの生産工程

サイザルかごづくりは、
農村部で一つひとつ全て手作業で行われます
「手摘み」「手撚り」「手染め」「手織り」の工程をたどり、
素材作りから全工程機械を使わずに織り上げられています

1.手摘み

東アフリカに広く自生する植物・サイザル。
ORIKAGOでは、より柔らかく光沢のある繊維を求めて、
上質なサイザルを厳選し一本ごとに手摘みで採取しています。
植物本来のしなやかな質感は手摘みによって生み出されます。

STEP 1選別

選別

中心部分の柔らかい葉を選びます

STEP 2採取

採取

一本一本、根元から切り取ります

STEP 3抽出

抽出

ナイフを使い表皮を剥いでいきます

STEP 3洗浄

洗浄

光沢のある白い繊維が現れます

手撚り 手撚り

2.手撚り

手撚りは、
製品の品質に大きく影響を与える
重要な工程です。

手のひらと太ももで挟みよじりながら均一な太さの撚り糸を作るには、
女性たちの蓄積された
経験と技術が必要不可欠。

立体感のある触り心地には
地道な手撚り作業が隠れています

手染め 手染め

3.手染め

手染めの作業は、
鉄製かまどに焚き木をくべる
伝統的な手法です。

ORIKAGOは色落ちしにくい染料
(化学染料)を厳選して選び
色染めしています。

一部の色(ベージュ・グレージュ)には、ケニアの土染めを取り入れ、
それぞれ赤土・黒土を使って
染色しています

手織り 手織り

4.手織り

かご織りは、ケニアで代々
継承されてきた伝統工芸です。

底の中心部分から円形に
少しずつかごの形を作り、
道具を一切使わずに
数日かけて織り上げていきます。

安定した品質は、
女性たちの器用さが成せる技。
その華麗な手さばきは
見とれてしまうほどです

ものづくりのこだわり

糸づくりから、全工程ハンドメイドのORIKAGOのかご
そのものづくりには、作り手のこだわりが込められています

作り手・Dorcusさん

「全体のバランス感を見ながら、
 表に出す色を変えることが重要!」

マーブル柄の
こだわり

「まだらでなく波模様のデザインのマーブルは織るときに全体のバランス感を見ながら、表に出す色を変えることが重要。
でも、実は染める時に、染まる量が均一でなく波模様が出やすいようにして準備して、他のデザインの時と染め方を変えてるの」

作り手・Monicaさん

「結び目の大きさが変わらない
 ように注意しているのよ」

プラント
ハンガー
のこだわり

「手撚りで撚った糸は、どうしても均一にならないから一つ一つの結び目の大きさが変わりやすいの。
全体のバランスを見ながら、結び目の大きさが変わらないように注意しているのよ」

もっと知りたいORIKAGOの取り組み