自然素材の収納かごをストッカーに!缶詰も見栄えよく収納

2019.02.06
食材の収納

キッチンの整理をしようと思うとまず浮かんでくるのは、収納問題ではないでしょうか。わざわざ新しく収納用のラックやストッカーなど大きな収納アイテムを購入するのは面倒だから、もっと気軽にキッチンを整理したいんだよね・・そんな声も聞こえてきそうです。

ストッカー収納もインテリアのひとつ。できることなら、「可愛い」「きれい」「おしゃれ」などと望んでいるキーワードはたくさん出てきますね。そんなとき、活躍してくれそうなのが自然素材のかごです。

今回は、ハンドメイドの可愛いかごをストッカーとして使った収納法をご紹介します。

ストッカー収納もインテリアのひとつ。缶詰をきれいに可愛くかご入れ収納

キッチンにあるストッカーには主にどんなものを収納しているでしょうか。たくさんの食品が集まるので散らかった印象になっている場合も多いかと思います。例えば缶詰。引き出しのストッカーにぴったりきれいに収納できたとしても、ひとつふたつ使うと隙間が出来て缶詰同士がカタカタと当たってしまうことも。入れ方によってはラベルが見えないので、探すのが大変になることもありますね。

缶詰はサイズが色々あり引き出しやストッカーにきれいに入りきらないこともあります。そんなとき意外に使いやすいのが、かご収納です。気軽なかごでの収納法は缶詰をすっきり整理しながら、どんなキッチンでも使える便利なストッカーとして活用してくれますよ。

ストッカーとしての機能性十分!折って使えるかご収納。

大きさや形状の種類が豊富な缶詰はストッカー収納しにくい食品のひとつですが、手織りかごで収納すれば、ストレスなくまとめてすっきり整理ができます。ナチュラル素材で柔らかいタイプのかごであれば、形状が色々あってもしなやかにすっぽりと収納することができます。

缶詰をかご入れする際は、種類がわかるようにラベルを上にして寝かせて入れるのがおすすめです。缶詰の量に合わせてかごの縁(フチ)も折り込んで簡単に高さの調節も可能です。棚と棚の間にいれて、引き出しのようにも使うのもいいですね。

また、スリムな缶詰を入れる場合や狭い隙間にスッと入れ込みたいときは、かごの側面をキュッと押しながら形づくれば、簡単にスリム型のかごになります。缶詰の収納量に合わせて、自由自在に形を変えることができるのが手織りかごの魅力です。

植物素材なので缶詰が当たっても、そのしなやかな特徴がクッションの役目をしてくれるので、カタカタと大きく動いてしまうこともありません。ストッカーとして便利な収納かごはカラーやデザインも豊富。可愛い柄を選べばキッチンの見栄えも良くなりますよ。

まとめ

かごはたっぷり収納力と可愛らしさの両方を持ちあわせているので、キッチンでのストッカーとして存分に活躍してくれるはずですよ。

バラバラになりがちな缶詰などの食品もすっきりと収納して、より彩りある過ごしやすいキッチンづくりに役立ててみてください。