毎日使う洗濯ハンガーは、出し入れ簡単なかご収納で快適に!

お洗濯の必須アイテムのハンガー。気がつくと大量のハンガーがごちゃごちゃになっていることはありませんか。いざ使おうとすると引っかかったり絡まったりで、イライラしてしまうこともありますよね。

忙しい毎日だから、ちょっとした出来事に心が引っかかってしまわないよう、小さいことでも家事の効率化は大切です。サイズも種類もいろいろあるハンガーは取り扱いやすさがとても重要。

今回は、ハンガーの収納におすすめの出し入れしやすい手織りかごをご紹介します!

出し入れ楽チン!かごを使った気軽で簡単なハンガー収納

ハンガーの収納法は、ファイルボックスを使ったり、ツッパリ棒を利用したり、最近はハンガー収納専用のアイテムがあったりとたくさんの方法が紹介されています。また、ハンガーはいろいろな種類や形、大きさがあって、型くずれしないように衣類によってしっかりわけている方もいるのでは・・。

自然素材のかごは、間口が広く出し入れ簡単。ハンガーをかごにフチ掛けすれば、ばらつくことなくきれいに収納することができます。取りやすさも抜群。ハンガーの数の把握もしやすいので、いつの間にか増えていくハンガー類をしっかり管理することができます。かごに入りきらない必要数以上のハンガーは持たないこと。そんなルールを決めるのもいいですね。

また、ハンガーの収納場所も大切です。毎日使う洗濯ハンガーだから、洗面所、ランドリールーム、ベランダや庭近くの窓際など生活シーンに合わせて、置き場所を決めておくと洗濯動作が快適になりますよ♪

ハンガーは種類分けして、かご収納!小さい家事も快適に。

ベビーハンガーや子供用のハンガーは大人用に比べたら、かなり小さめ。大人用ハンガーと一緒に収納したら、ごちゃつきの原因になることは目に見えています。ベビーハンガーや子供用のハンガー、トップス用、ボトム用ハンガーなどは種類ごとに分けてかご入れするのがおすすめです。ハンガーの大きさに合わせてかごのサイズを選んで、毎日の洗濯をストレスフリーに♪

子供用ハンガーの収納かごは、子供たちに大好きな色を選んでもらえば、洗濯物を干したり取り込んだり・・お手伝いしやすい環境つくりにも繋がるかもしれません。

バラバラ、ごちゃごちゃと小さいことでもイライラの原因になるハンガーは、かご収納で快適に。かごをまだ使ったことのない方は、ぜひ一度試してみてください!

まとめ

かさばりがちなハンガー類。間口の広いかごを活用して種類ごとに収納すると、毎日のちょっとしたイライラが簡単に改善されますよ。フック部分を揃えてかごにフチ掛けすれば、片手でもスッと取り出しやすくなります。

小さな家事でも快適に。毎日を心地よく過ごすためには、ハンガーの収納ひとつも侮れません。ナチュラル素材のかごを取り入れてハンガー収納に役立ててみてください♪