くるくる巻いたマフラーをかご収納で可愛く整頓

秋冬に活躍してくれるマフラー。ニットやウール、厚手の素材ものが多いので意外とかさばると感じませんか。

寒い冬に暖かいマフラーは必需品ですが、通年使うものではないので、マフラーにはオフシーズンの収納も必要になってきます。クローゼットや押し入れ、タンスの中は洋服の他、バックや帽子などいろいろ収納しておきたいものが山ほどですが、きれいにすっきりクローゼットや棚にしまっておきたいですね。

一方でシーズン中は、いつでもパッとマフラーを取り出して出かけられるように、簡単に収納しておきたい。そんな時は手軽に出し入れができるがご収納がまさに適任ですよ。

今回はマフラーを気軽に収納できる自然素材のかご収納法をご紹介します!

くるくる巻いて簡単に。マフラー収納はかごが適任!

一番簡単な方法は、くるくる巻いたマフラーをかごにスッと縦入れする収納法です。

間口の広い自然素材のかごは、取り出しやすくしまいやすいのでまさにマフラーの収納におすすめ。その日の洋服のコーディネートにスムーズに合わせるためにも、取り出しやすさはとても大切ですよね。

マフラーのように長さのあるものはくるくる巻きにしてから入れると、少しマフラーがかごから顔を覗かせるので、一層可愛くおしゃれに見えてきます。

冬のお出かけセット。マフラーと一緒にかご収納

冬のお出かけは寒くて我慢できない。そう思うと準備もめんどうに感じて、できれば部屋でぬくぬくしていたくなりますよね。

サッと準備して出かけてしまえるように、冬のお出かけアイテムをマフラーと一緒にまとめてかごに収納しておけば、お出かけの最初の一歩がスムーズになりますよ。

ニット帽や手袋、ホッカイロなど暖かグッズも一緒にかご入れして、玄関まわり、玄関に向かう動線にポンと置いておきましょう。マフラーの収納かごには、冬の季節に合わせて赤やオレンジなどのほっこりしそうな暖色系のかごにするのもおすすめです♪

オフシーズンのマフラー収納。かご入れ、縦入れですっきり

秋冬のひと仕事を終えたマフラーはきれいに畳んで、かごに収納します。おすすめはたっぷり入る低くて間口が大きい楕円型か、高さがあり幅の狭い四角型のかごです。

楕円形のかごを使う場合は、きれいに畳んだマフラーを重ねて収納、もしくは立てて並べていれるとしわになり難く入れられます。

四角型の場合は、先ほどのようにくるくる巻いて縦入れが簡単でおすすめです。自然素材のかごは柔軟なので、クローゼットや棚の間、隙間に入れやすいように折り込んで高さの調節ができるのも便利なポイントですね。

また、お出かけセットに使っていたオフシーズンの手袋やニット帽などもそのまま一緒に収納しておけば、来シーズンも楽に取り出せますよ。

まとめ

首元を暖めてくれるマフラー。かごで可愛く収納してあげたら寒い日のお出かけも少し心が弾みますよね。

数あるマフラーから今日はどれにしようかなと選ぶのも、寒い季節にしかできないことです♪

冬を乗り越えるための大切なマフラーをくるくる巻いておしゃれに収納してあげてください♪