リモコン収納の選び方とおしゃれな収納

リモコン収納の選び方!
おしゃれな収納方法

毎日、何度も使うリモコン。
使っている中で、置き場所がコロコロ変わってしまったり、
どこに置いか忘れて探すはめになってしまったり…。

そんなリモコン用の選び方とおすすめの収納方法をご紹介します。

リモコンまわりの悩み

リモコン周りの悩み

日常の中にあるリモコン。
普段何気なく使うアイテムだからこそ、ささいな悩みがつきまとうものですよね。

よく直面するのは、このような悩みでしょうか。

定位置が決まらない

普段はテーブルの上に置いているけど、ソファや床に座ったとき、カウンターキッチン越しに、掃除のとき…。
日常生活の中で、そのときそのときで使いやすい場所に置きがちですよね。

「あれ、リモコンどこやったかな…」
となる原因のひとつです。

数が多い

テレビ用、録画用、オンラインサービス用…。
部屋の照明用のリモコンも、大体同じ場所に置いておくこともありますね。

そしてそれぞれサイズが違うことも困りもの。
「幅が合わずリモコン立てに入らないものがあった…」
ということも、よくある面倒ごとです。

生活感が出るのが気になる

シンプルライフを楽しんでいる方にとっては、生活感が出やすいリモコンは置き場所の悩みの種かもしれませんね。

とはいえ、テレビがあるかぎりどうしても付きもの。お部屋に合うよい収納方法があれば嬉しいですよね。

置き場所が原因でプチ喧嘩になる

「どこに置いたの?」
「ここに置いてよ!探すのが面倒でしょ」
と、軽い口喧嘩の元になりやすいのも、リモコンまわりの悩みです。

リモコン収納で定位置を決めることで、このようなささいな争い事も少なくなるかもしれません。

リモコン収納の選び方

悩みのつきないリモコン。
その収納グッズはさまざまです。

どのような点に気をつけて選べばよいのか、
お部屋にあったリモコン収納の選び方のポイントをご紹介します。

収納量を考える

収納量を考える

まず念頭におきたいのが収納量。

収納したいリモコンはいくつありますか?
そのサイズはどのくらいですか?

リモコン収納を選ぶときには、その数とサイズよりも少し余裕のある収納用具を選ぶのがポイントです。
ぴったりサイズだと一見きれいに収まって見えるのですが、ぴったりすぎると取り出しづらくなる可能性があります。

大きさを考える

大きさを考える

それぞれリモコンの大きさを考慮することも大事なポイントです。

仕切りがついているタイプの収納はおしゃれなものが多いですが、取り入れる際には、厚みや幅がその仕切りに収まることがポイントとなります。

置く場所を考える

置く居場所を考える

どこに置くかを考えることも大事です。

テーブルの上、テレビの横、棚の上や中、引き出しの中など…。
置きたい場所によってスペースの広さが違ってくるはずです。
余裕を持って置けるサイズを選ぶため、置きたい場所のスペースも把握しておきましょう。

インテリアを考える

インテリアを考える

こだわりのお部屋に合ったリモコン収納を選ぶには、インテリアの雰囲気に合ったものを選べば間違いがありませんね。
好きな色で統一したり、シンプルライフに合うシックでクールなデザインの収納を選んだり…。

毎日にように目にふれるリモコンなので、お部屋の雰囲気を考慮して選ぶことは欠かせないポイントです。

機能性を考える

機能性を考える

日常的によく使うリモコンなので、リモコン収納の中に一緒に日用小物を入れておけたら便利ですね。
ポケットが大小さまざまなものを選ぶと多用途で使うことができます。

また、リモコンの中には背の高いものもあるので、立てて置くときには安定性も重視することをおすすめします。

リモコン置き場に適した場所とは?

お部屋の中で、普段どこにリモコンを置いていますか?
リモコンを置いて便利に感じる場所は、お部屋のつくりや家具の種類・配置によってそれぞれです。
置きたい場所によって、適したリモコン収納も異なってきますね。

そんなリモコン収納に適した場所をご紹介します。

テーブルの上

テーブルの上

一番一般的なのがテーブルの上ではないでしょうか。
スペース的にも比較的広さがある場所なので、どのようなサイズのリモコン収納でも起きやすい場所ですね。

テーブルの引き出し

テーブルの引き出し

生活感を出したくない場合には、引き出しがついているテーブルを選ぶのがおすすめです。
引き出しに入れてしまえば、生活感を抑えながらも、どこかになくしてしまうことも少なくなります。

この場合は、引き出しの中で横向きに収納できる平らなかごなどがむいています。

テレビまわり

テレビまわり

テレビのそばに、テレビ台の空いているスペースを利用して置くのも便利です。
リモコンはテレビまわりに置いておく、と決めてしまえばなくしにくくなるうえ、テーブルが広く使えますね。

テレビ台の空きスペースにもよりますが、縦置き・横置きのどちらでも対応できそうです。

ソファまわり

ソファまわり

ソファまわりに置いておけば、くつろぎながら手に取りやすくなりますね。

リモコン用の収納かごなどを用意して、ソファの上に一式入れておけば、出し入れも簡単に置いておけます。

サイドテーブル

サイドテーブル

ソファや寝室のベッド横などにサイドテーブルや小物置き場用の棚を置いておけば、手に取りやすい場所にリモコンを置いておけますね。

この場合のリモコン収納も、縦置き・横置き問わずに置けそうです。

壁掛け

壁掛け

ウォールポケットなどを利用して壁に収納ポケットを作り、そこをリモコン収納とする方法です。

テーブルのスペースが十分でなかったり、ソファやサイドテーブルを置くスペースがない場合におすすめです。
縦置き収納で省スペースになります。

おしゃれなリモコン収納紹介

収納の方法別で、おすすめのリモコン収納をご紹介します。
お部屋に合うおしゃれなリモコン収納を探す参考にどうぞ。

置く収納

ケース

ケース

リモコン専用に作られているケースをはじめ、どんなものにでも使える多目的ケースもあります。

リモコン向けに作られているものは、デザイン性が高く使い勝手のよいものが期待できそうです。
ただ、ネットで購入する場合などは特に、リモコンのサイズに合っているかを確認したうえで購入することをおすすめします。

ラック

ラック

比較的シンプルな見た目のものが多いため、色やアレンジ次第でクールな印象にもかわいらしい印象にもできる収納です。

ケース同様、形状はさまざまで、リモコン専用のものもありますね。
収納できる数や厚みが固定されてしまうものが多いので、収納したいリモコンの数やサイズに注意して選びましょう。

箱

さまざまな形状のある箱型の収納。
縦置き・横置きやサイズ感など、スペースや置き場所に合った形状を選びやすい収納です。

100円ショップでも探しやすく、空き箱を利用してDIYで用意もしやすいので、比較的安価に取り入れることもできます。

かご

かご

箱型同様、さまざまな種類やサイズのものが販売されているので、理想のリモコン収納が見つかりやすそうです。

竹製やヒモ製などつくりもさまざまなので、お部屋の雰囲気に合ったものを選んでみてください。

隠す収納

テーブル下

テーブル下

あまり生活感を出したくない…というときには、そもそもリモコンを隠してしまいましょう。
下に引き出しやラックなどの収納がついたテーブルを選んでしまうことをおすすめします。

新しいテーブルを買う予定がないというときには、粘着式フックやラックを使って、DIYで収納を取り付けてしまう、という方法もあります。

引き出し

引き出し

テーブルに限らず、箱やかごごと収納棚の引き出しに入れて収納し、そこを定位置とすれば、生活感を隠すことができるうえ、なくす心配も少なくなります。

引き出しのサイズ次第ですが、ケース類に比べて厚みや幅を気にする必要も少ないですね。

掛ける収納

ウォールポケット

ウォールポケット

置くスペースがあまりとれない…というときは、ウォールポケットを使って掛ける収納をとり入れることで、省スペースにおしゃれにしまうことができます。

ポケットに入れるタイプなので、出し入れもしやすく便利です。

かご収納のすすめ

さまざまな方法のあるリモコン収納。
その中でおすすめしたいのが、かご収納。
その理由と魅力をご紹介します。

出し入れが簡単

出し入れが簡単

間口が広いかごなら、ポンと入れてすぐに出せるところが特徴のひとつ。
日常的によく使うものだから、簡単に出し入れができるところはおすすめのポイントです。

場所変えが簡単

場所変えが簡単

かごごと持ち運びができるので、移動させやすいところも特徴です。
状況によって配置換えがしやすいので、常に手に取りやすいところに置いておくことができます。

色変えが簡単

色変えが簡単

お部屋のインテリアの雰囲気をちょっと変えたい…というとき、色を変えるだけでぐっとイメージを変えることができます。
かごに入れる物はさまざまなので使い回しがしやすいため、色変えも気兼ねなくすることができます。

ORIKAGOのかご

ORIKAGOのかごは、サイズも色もバリエーション豊か。
お部屋に合ったリモコン収納を選んでみてください。

ORIKAGOのサイズ表

かごサイズ表

自由自在なカラーバリエーション

カラーバリエーション カラーバリエーション

リモコンのおしゃれな収納について

もっと知りたい方は

かごを使ったリモコン収納について、もっと知りたい!
と思った方はこちらの記事も是非ご覧ください。

Coming Soon!