ナチュラル素材のかご収納でリビングの隙間を上手に活用する方法

2019.02.18
リビングのスペース活用

リビングにあるちょっとした隙間。この隙間をなんとか収納スペースとして活用できないものか・・そんなふうに思うことはありませんか。リビングにはたくさんのものが集まるので、小さい隙間や狭いスペースを上手に使って少しでもすっきりさせることができたら嬉しいですよね。

隙間収納用のスリムな棚やラックは多く出回っていますが、それほど大げさなものではなく、もっと手軽でおしゃれなものをと探している方も多いはず。

そこで今回は、気軽に収納アイテムとして使えるナチュラル素材のかごを使ったリビングの隙間活用法をご紹介します。

どこでも入る柔軟な収納かごならちょっとした隙間にキュッ

リビングの使えそうで使えない隙間の活用を諦めてはいませんか。リビングをすっきりさせながら、インテリアの邪魔にならないような隙間収納アイテムを探しているけど、なかなか見つからないのであればナチュラル素材のかご収納でその隙間もうまく活用できるかもしれません。

アフリカで一つひとつ手織りされるナチュラル素材のかごは、しなやかな柔軟性があるので狭いところにキュッとすぼめて入れることができます。家具と家具の間、ソファと壁の隙間、テレビ台の棚間のちょっとしたスペースなど、気になっている隙間にキュッと入れられます。思わぬ隙間が収納スペースになると、リビングもすっきりした印象になって嬉しいですよね。

色々入る丈夫な収納かご。自由に入れて隙間活用

隙間収納に使える柔軟性あるかごは、実はとても丈夫な耐久性のある素材でもあります。その丈夫さは、運動会の綱引きや船のロープ、住宅の床材などにも使われるほど。リビングにある色々なアイテムを自由に入れることができます。

リビングで散らかりやすいものの代表といえば、雑誌や新聞、子供のおもちゃ、数種類あるリモコン類などでしょうか。かごを使って収納するなら、雑誌や新聞入れには四角いトート型のかごがおすすめです。読みかけの雑誌をそのままスッと入れてソファ横の隙間に収めてしまえば、置きっぱなしにせずに席をたつことができます。

また、色も形もバラバラで細かいものが多い子供のおもちゃは、大きい丸型のかごにポンポン投げ入れればあっという間に片付きますよ。リビング隅の隙間にそっと置くことで、インテリアの邪魔にならずおしゃれな雰囲気さえ醸し出してくれます。

あちこちに散らかりがちなリモコン類は、小さめのかごにひとまとめにして、ソファテーブル下のちょっとした隙間やソファ横の空きスペースに。家族がリモコンを探し回ることもなくなりますね。リビングにある小さいものから大きいものまで、自然素材のかごは自由にいろいろ入れられて、思いのままに活用することができます。活用したい隙間スペースや入れたいものにあわせてサイズを選べるのも嬉しいポイントですね。

まとめ

家族が集まるくつろぎの場所であるリビング。ちょっとした隙間を上手におしゃれに活用できれば、すっきり心地よい空間が広がります。柔軟で丈夫なナチュラル素材のかごを使った収納法なら、隙間の活用も難しく考えずに手軽に取り入れられそうではないですか。

思ったところに自由に置けるかごの隙間収納は、その時々で移動も簡単です。リビングにある隙間をいつ、どのように活用してもいいので、気負いなく整理整頓できるのも嬉しいですね。

お部屋に活用できていない隙間が見つかったら、ぜひ手織りかごを使った収納法を試してみてはいかがですか。