郵便物整理に便利な手織りかご!ルールを決めてしっかり整頓

2019.02.15
書類・新聞の収納

使用ORIKAGO: 丸型Sサイズ ツーピース グレー・ブラック

毎日のように届く郵便物。友人や家族からの手紙、DMやクレジットカードの明細、カタログ類などなど・・。明細確認や連絡手段がスマホやネットになったとはいえ、郵便物は日々届くものですね。

となると、生活に郵便物整理は必ずセットでついてきます。ポストから持ってきた郵便物を一度そのままポンと置いてしまうと、いつの間にか溜まっていくことも多いのですよね。

一人暮らしの方はもちろん、家族で簡単に散らかりやすい郵便物をしっかり整理するための便利な手織りかごを活用した収納法をご紹介します。

郵便物の整理場所を家族で定位置化

使用ORIKAGO: 丸型Sサイズ ツーピース グレー・ブラック

届いた郵便物を置く場所は決められているでしょうか。玄関やキッチン、リビングあちこちに置いていると、郵便物の整理はなかなか進まず、もしくは大事な郵便物をなくしてしまう恐れもあります。いつの間にか、ゴミ箱に・・。なんてことはもちろん避けたいですね。その為にも郵便物はここという定位置化が大事。家族みんなで定位置を決めておくとよいかと思います。

郵便物整理を定位置化の次に分かりやすい収納アイテムの用意が必要です。決まった場所プラス決まったものに入れること。これでしたらお子さまがいる家庭でも、簡単にわかりやすくなりそうですね。

手織りかごを郵便物の整理に使うメリットの一つは間口の広さ。子供でもポンと入れられるたっぷりな収納力があります。丸いフォルムの小さめサイズでも、郵便物をいれるのにちょうどよく、スペースも大きく取らないので整理しやすくなります。カラーも豊富にあるので、インテリアに合ったカラーにすれば、より定位置化が根付いていきそうですよ。

リビングや玄関まわりなどにポンと置かれている整理用のかごは、おしゃれなインテリアの一部としても存在感を発揮してくれるはずです。

郵便物をルールを決めて整理整頓

使用ORIKAGO: 丸型Sサイズ ハーフボーダー ダークブラウン・ライトグリーン

定位置化のかごに集まった郵便物は、しっかり整理していきましょう。

郵便物は、次の大きく三つにわかれてくると考えてみます。

  • 1)必要なく、すぐに捨ててよいもの
  • 2)期限が終わるまでとっておくもの
  • 3)保管が必要なもの

ここでもかごを活用します。すぐに捨ててよいものはその場処分してしまいます。残りの二つ用のかごを用意してそれぞれに振り分けすれば、郵便物の整理はとても簡単です。

ずっと保管が必要なものに関しては、後日、時間のある時にまとめてファイルや引き出しなどにきちんといれて管理することをおすすめします。

かごをカラーやデザインで分けるとさらにわかりやすくなりますね。スペースがなく、かごの置き場所に困ってしまう場合は、かごの織り目にS字フックを通して、壁に掛ける方法もあります。ナチュラル素材の柔軟なかごは、たて糸と横糸の間に簡単にフックを入れることもできます。キッチン周りでよく使われるマグネットフックを利用するのもおすすめです。

まとめ

毎日のように届く郵便物の整理にかごを使う方法は活用できそうでしょうか。家族でルールを決めながら、必要性がないもの、一時的に保管するもの、ずっと保管するものとしっかり分けて収納すると、きれいに整理できますよ。

郵便物を整理しつつ、おしゃれなインテリアとしても使える手織りかごは、お部屋にも家族にも馴染んでくれるはずです。