増えていく文庫本をなんとかしたい。かご収納がおすすめの理由

本好きの方なら文庫本はたくさん持っていますよね。本棚整理はしているものの、どんどん増える文庫本の収納も一苦労かと思います。

大好きな本とはいえ、本棚がいっぱいで収納スペースないときは、買いたい文庫本が見つかっても、ふとどこに入れようかと整理の場所が頭をよぎったりしてしまいます。また本棚を買わなくちゃ・・でももう限られたスペースしかないし、お金もかけたくない。

本を手放すことは、本好きの方にとっては心が痛むものですね。

そんなときこそ、文庫本の収納にかごを使ってみてはどうでしょうか。

かごの収納で文庫本きれいにすっきり。読みたい場所に持っていく収納法

読み終えた文庫本を本棚にしまうのも、本好きの人には嬉しい瞬間です。ですが問題はますます増えいく文庫本たち。その中でも、特別大好きな作家さん、何度も読みたくなる本や言葉、年齢を重ねても近くにずっと置いておきたいと思う本があるはずです。

そんな大好きな文庫本だけを本棚から取り出して、自然素材のかごに収納してみたらどうでしょうか。

かごに何冊かいれておくと、部屋の中で好きな場所にかごごと持って移動できます。ソファで読んだり、寝室で読んだり、天気の良い日は庭やベランダで読むのもいいですね。

文庫本サイズなら小さめのサイズで入るので、重さも気になりません。一度に何冊も一気読みしたい方にもおすすめです。

ジャンルわけでわかりやすく、飾る文庫本の収納

文庫本には純文学、ミステリー、エッセイ、雑学本など、ジャンルが違うものがたくさんありますよね。

お気に入りの文庫本が多すぎるならば、シャンル別にかご分けする方法もおすすめです。

小さめのかごならそれほど場所は取らずに、本棚に固執せず文庫本を収納できますよ。ジャンルでかごを色分けすればお部屋の雰囲気つくりもしてくれます。

カラー&デザイン豊富なかごは収納としてだけでなく、置くだけのインテリアとしても取り入れやすい便利なアイテムです。文庫本を収納して飾るだけでもおしゃれに見えてきますね♪

本棚の代わりに、文庫本がたっぷり入る四角いかごを

本棚を買うほどでもない、これ以上本棚は増やしたくないという方には、文庫本がたっぷり収納できる四角型のかごもおすすめです。

増えてきた文庫がついつい床に積んだままになるなど片づけが得意でないという方でも、かごであればスッと入れるだけの収納なので手間はかかりません。部屋で乱雑になっていた文庫本が簡単に収納できれば、さらに読書の時間が楽しめそうではないですか。

まとめ

増えていく文庫本は、かご収納で簡単にきれいに見栄えよく整理できます。お気に入りの文庫本は楽しみながら慈しみながら収納して、大切にしていきたいですね。

本棚をわざわざ購入しなくても、おしゃれに見える小さなかごが、お部屋をすっきり、きれいに彩ってくれますよ♪