雑誌収納に便利な手織りかご!本棚やラック不要の簡単収納

毎回読むのが楽しみなお気に入りの雑誌は、だれでも一冊はあるのではないでしょうか。

家事や勉強の合間、仕事から帰ってきたひと時などに、パラパラページをめくるだけでも不思議と落ち着いた気持ちになったりしますよね。ですがいつの間にか雑誌が溜まってしまって、本棚が溢れていたり、床に雑誌が積まれていたりとなったしまうこともあります。

本棚やマガジンラックなど専用の収納アイテムを使わずに、もっと気軽で簡単にだれでも取り入れられそうな雑誌の収納方法がないかを考えてみましょう。

リビングにある雑誌の収納は見えるように、手織りかご収納で把握

リビングでゆっくりくつろぎながら、お気に入りの雑誌を眺める至福の時。雑誌の中でも何度も読み返したい、しばらく取っておきたいお気に入りの雑誌は誰にでもあると思います。好きな雑誌は大切にしまって収納しておきたくなるものですが、雑誌は情報誌。ずっと取っておくと、古い情報がそのままになってしまうこともあります。定期的に必要なものか、見直しすることで部屋全体の整理に繋がりますよ。

しばらく取っておきたい雑誌は、リビングのいつでも手に取って読むことができる、目にとまる場所に置くのがおすすめです。ほんのちょっとした時でも、すっと手にしてぱらぱらと眺めることができます。

かごを使って表紙が見えるようにしておけば、そろそろ整理しなければと処分のタイミングに気づきやすくなります。本棚に重なったままや床に山積みの状態が苦手な方など、なかなか整理できない方におすすめの方法です。

料理の雑誌はキッチン周りかダイニングに収納

今日はこれにしょう!とメニューを決めて料理をする際に、大体のことを覚えてキッチンに立ったとしても、途中で「あれ?なんだったっけ」ということは結構ありませんか。わざわざリビングに戻って、雑誌を確認。料理の途中で行ったり来たりは面倒ですよね。

それでしたら、キッチンまわりやダイニングに料理の雑誌を収納しておけば、楽になるかもしれません。

キッチンに雑誌収納しておけば、本を参考に料理できますし、いざというときすぐ確認することができます。

時間のかかる煮込み料理の様子を見ながら、キッチンスツールに腰かけてパラパラと料理本や雑誌を読んで時間つぶし。必ずしも雑誌収納=本棚ではなくて、自由に読みたい場所に雑誌を収納するのがおすすめです。

脱衣所にお風呂用の雑誌収納

最近はお風呂の時間をゆっくり楽しむ方が増えているようです。テレビや音楽を楽しんだり、本を読んだり。お風呂の中で雑誌を読む方も多いのではないでしょうか。

それならば、脱衣所に雑誌と収納用のかごを用意しておくといいですよ。その日の気分で好きな雑誌を選び、お風呂でゆっくりリラックスすれば一日の疲れもとれるはず。天然素材の丈夫なかごは通気性と調湿性も兼ね備えているので、脱衣所に置いても心配はありません。

また、リビングからお気に入りの雑誌を数冊選んで、よい香りのするアロマキャンドル、美顔ローラーなど自分だけのゆっくりバスタイムグッズを一式かごに入れて移動用として活用するものおすすめです。いつもと違う特別なリラックスタイムを演出しれくれます♪

まとめ

雑誌の収納は本棚、専用のマガジンラックでなくても、かご収納なら簡単に取り入れられそうではないですか。

雑誌は気軽に、簡単に、便利に収納できるアイテムがおすすめです。好きなように持ち歩けるかご収納は雑誌収納に最適といえるのではないでしょうか。

かごの魅せる収納で雑誌の整理整頓が楽しくなりますよ♪