エプロン収納をかごに変えてキッチンをおしゃれ空間に

2019.02.06
キッチン雑貨の収納

使用ORIKAGO: 丸型Sサイズ ハーフボーダー ブルー・ナチュラル

お料理をする際にエプロンはされますか。

料理だけでなく掃除用でもエプロンは大切な洋服を汚れから守ってくれるアイテム。エプロンをかけると、「よし、やるぞ!」という気持ちになって、家事の区切りがつけやすくなる気がします。

エプロンの収納方法についても、これから作業に取りかかる時に、さっと取り出しやすい形になっていれば作業も良いスタートが切れそうですね。

今回は、ナチュラル素材のかごを活用したおしゃれなエプロン収納法をご紹介します。

エプロンは掛ける収納だけじゃない。かごにポン入れが簡単おしゃれ

使用ORIKAGO: 丸型Sサイズ ハーフボーダー ブルー・ナチュラル

エプロンの置き場所。キッチンの壁や冷蔵庫横などに掛けている方が多いのではないでしょうか。

エプロンは掛け収納に決まっているという思い込みをやめて違う方法も試してみると、新しい発見があるかもしれませんよ。

壁掛けでエプロンが丸見えになってしまうのに不満がある方は、インテリアかごにポンと入れて収納する方法もおしゃれで見栄えも良くなります。かごは間口が広いので取り出しや片付けも簡単。

エプロンを複数枚お持ちの方は予備の分も含めてまとめてかごで整理できるとキッチン空間も一層すっきりした印象になりそうですね。

料理用と掃除用。衛生面を考えて分けて収納

使用ORIKAGO: 丸型Sサイズ ベーシック グレーブルー

エプロンを使う機会といえば料理と掃除ですね。衛生面を考慮して専用のエプロンを用意している方もいるのではないでしょうか。

かごも料理用と掃除用と分けておくと便利ですよ。キッチンに置く料理用には一緒にふきんやキッチン用品も入れられます。洗面所などに置く掃除用には、エプロンの他に掃除用品をまとめて収納することができますね。

ナチュラル素材のかごは通気性も高いので色んなアイテムを収納するのも安心です。

仕事場用のエプロン収納にも

料理や掃除といった家事だけでなく、自宅が仕事場でエプロンは仕事の相棒という方もいるのではないでしょうか。

毎日仕事で使うとなると、頻繁に洗濯することになるので何枚もストックしているのではと思います。仕事用具のエプロンをきちんと整理して気持ちよく仕事にも取り掛かれるようにしたいですね。

ストック用のエプロンはかごに立てて収納するのがおすすめです。取り出しやすいのでさっと選んでスムーズに作業に入れますよ。かごのサイズも様々あるのでエプロンのストック数に応じてサイズを選べるのも嬉しいですね。

まとめ

色々な作業の相棒となってくれるエプロン。気持ちよく作業を進めるためにも手織りかごを取り入れておしゃれに収納してみてはいかがでしょうか。

かごのカラーバリエーションは豊富なのでぜひお気に入りのかごを選んで過ごしやすい心地よい空間づくりに役立ててみてください♪