キッチンラップを上手に収納!便利なかご利用法

2019.02.06
キッチン雑貨の収納

いつの間にか増えていくキッチン用品。

キッチンラップやアルミホイル、クッキングシートやフリーザーバックなど収納し難いアイテムも多いのがキッチン収納の特徴です。また、利用頻度の高いものはキッチン周りの手の届きやすい場所に置いておきたいものですね。

今回はおしゃれな手織りかごを活用したキッチンラップの収納法をご紹介します。インテリアにもなり料理の手際も良くなるアイテムなのでぜひ参考にしてみてください。

キッチンラップにはかご収納ですっきり整頓

使用ORIKAGO: 丸型Sサイズ 細ボーダー レモンイエロー・ナチュラル

キッチンラップはご家庭によっては毎日使うアイテムなので、まずは手の届く範囲で定位置を決めることが大事です。次にそのまま直置きでは散らかった印象になるので、手織りかごを活用すると見栄えよく取り出しやすくなります。間口が広いのでラップ類を含め多くのキッチン用品が収納できて、片付けも簡単です。取り出しやすくてしまいやすいのが長く整理整頓が続くポイントですね。

ラップ類をかごにまとめておけば、キッチンからダイニングへなどへ持ち運びも簡単。

例えば、庭でのバーベキュー、お子さんにテーブルでラップかけを手伝ってもらう、といった際にも気軽に持って移動できますね。「かご持っていってね」と声かけすれば、可愛いかごを持って楽しみながらお手伝いしてくれるかもしれませんよ。お手伝いの後は同じところにしまうルールがあれば、お片付けの習慣も一緒にがんばれそうではないですか。

かごバッグを使ったキッチン用品収納

使用ORIKAGO: サイザルハンドル Sサイズ ツーピース ナチュラル・ベージュ

かごバッグ型ならさらに持ち運びには便利ですね。たっぷりとした収納力があるので色々なキッチン用品をひとまとめに整理できます。また持ち手がついているのでフック類に引っ掛けて吊るす収納アイテムとしても使えますよ。

キッチンの雰囲気に合ったカラーを選んでも良いですし、アクセントとしてビビッドカラーを選んでもおしゃれですね。もちろん収納アイテムとしての役目が終わったら、かごバッグとして再利用できるのも魅力です。

使用頻度に応じてかご分け収納

使用ORIKAGO: 丸型Sサイズ ハーフボーダー イエロー・ナチュラル、丸型Sサイズ ハーフボーダー ダークブラウン・レッド

サランラップやアルミホイル、キッチンシートやフリーザーバック、フライパン用シートなどのキッチン用品の中で、ご家庭によってその使用頻度も様々かと思います。全てのアイテムをかご収納してしまうとやはりガチャガチャした印象になってしまうので、使用頻度に応じてかご分けするのもおすすめの収納法です。

毎日使うアイテム、週1ぐらい使うアイテム、月1ぐらい使うアイテム、などと振り分けてかごで収納しておけば、手元に置いておくべき毎日使うアイテムのかごもすっきり整理しますね。逆に使用頻度が少ないかごは棚やシンク下に保管してもいいですね。

まとめ

キッチンラップ収納を見直すだけでも、より快適で使いやすいキッチン環境に繋がります。毎日過ごす空間だからこそ自分好みの雰囲気や使い勝手の良い環境に変えていきたいですね。

ぜひナチュラル素材の手織りかごを取り入れて素敵なキッチンづくりに役立ててください。