レトルトのかご収納でキッチンをすっきり便利に

2019.02.06
食材の収納

食生活の中で増えてきているレトルト食品。おいしいものがたくさんあり、食べたことがないという方はいないのではないでしょうか。忙しいときやもしもの災害時用にも欠かせない食品アイテムですね。色々と買っておきたいけれど、やっぱり困るのはキッチンでのレトルト食品の収納です。

家の収納の中でもキッチンの食品収納は種類が多いので、散らかりやすいスペースの一つです。レトルトの収納をインスタントや乾物類と一緒にストックしてしまうと、何があるのかわからなくなってしまいます。奥の引き出しに入り込んで買ってきたことすら忘れてしまう、気がついたら期限切れなんてこともありますね。

食品を捨てるのは残念ですし、できる限り避けたいですもの。そんなことを防ぐためにも、すっきり便利にレトルト類の収納することが重要です。

今回は、ナチュラル素材の丈夫なかごを活用したレトルトの収納法をご紹介します。

かごを使ってレトルト食品の収納を一括管理

買ってきたレトルト食品。決められた収納場所はありますか。なんとなく決まってはいても、あちこちに散らばっていては、見栄えもよくないし、管理がしきれなくなってしまいます。ばらばらになっている収納場所をレトルト、乾物、インスタントなどしっかり振り分けしておきたいですね。色々な食品が集まる場所ですから、大きくジャンル分けして分かりやすく整理するのが一番の基本です。

そして、分類して整理するのに向いているのがかご収納です。かごは柔らかいので色々な形状・サイズのレトルト食品もまとめて整理することができます。

間口が広いので、見えやすく取りやすいのもかご収納のポイントですね。

賞味期限切れをなくすために在庫の「見える化」

雑然とした収納ではせっかく買ってきておいたレトルト類が収納の奥に紛れ込んでしまいます。レトルト類をきれいに並べて立てて収納すれば、種類も撰びやすくなり期限切れ防止に繋がります。立てていれることで、在庫の「見える化」ができるようになりますね。

かごに入れる際、袋タイプと箱タイプでわけるとさらに見栄えもきれいで、すっきりした印象になりますよ。

収納スペースが十分ある方や、食品ごとの方がわかりやすいということであれば、カレーかご、丼ものかご、惣菜かごなどにわけてもおしゃれで便利です。複数のかごを取り入れて出し入れを楽しみながらレトルトの収納ができると嬉しいですね。

かご収納を活かして本当に必要な分を管理

レトルト商品の賞味期限切れや二度買いを防ぐためにも、家族構成や収納スペース、買い物に行く頻度などに合わせた必要量を把握しておきたいものです。無なくなったら必ず補充するお気に入りのレトルト、家族全員好きだから多めにストックしておくものなど・・。それらのライフスタイルに合わせてかごのサイズや数を選ぶのも楽しいですよ。

家族暮らしなら丸型の大きめサイズか四角型のかごがおすすめです。一人暮らしで、こまめに買い物に行くのであれば小さいサイズで十分かもしれませんね。レトルトなどの食品類がきれいに整頓されていれば、生活感が見えがちなキッチンもすっきりおしゃれな雰囲気になりますね。

まとめ

せっかく買ってきたレトルト食品が期限切れや二度買いなどの悪循環に陥るのはもったいないこと。収納はまとめてわかりやすく見える収納にして、古いものから順に使えるスタイルにしたいですね。

ぜひインテリアかごを取り入れて、「見える化」を意識しながら便利なキッチン収納に役立ててください。