散らかりやすい乾物をキッチンできれいに収納する方法

2019.02.06
食材の収納

使用ORIKAGO: 丸型Sサイズ マーブル ブラック・ベージュ、丸型Sサイズ マーブル ライトブルー・ナチュラル

料理に使う乾物類。小さい袋に入っていることが多くて、収納が難しく感じることはありませんか。いつの間にか奥の方に紛れ込んでしまった、気づいたときは期限切れだった、間違えて同じものを買ってしまった、という経験は多くの方がお持ちではないかと思います。

料理をスムーズに進めるためには、きちんと乾物を収納することは結構重要です。キッチンをすっきり見せるポイントにもなります。

開封した乾物は湿気を嫌うので通気性のよい場所での保管も忘れてはいけませんね。そこで細々する乾物をきれいに収納するための方法として、通気性に優れたナチュラル素材のかごが活躍してくれますよ。

乾物収納に適した通気性のあるかごですっきりおしゃれに収納

おすすめのかごは通気性もあり調湿性にも優れているのでまさに乾物収納向き。キッチンまわりのも水場のひとつなので、両方兼ね備えていれば心配も少なくて済みます。

乾物類は、干ししいたけや切り干し大根、きくらげなどの山の乾物と、昆布やわかめ、のりなどの海の乾物に大きく分かれます。かごに収納する際は、それを利用してこのまま山ものと海ものに分けて入れれば簡単に乾物収納がすっきりしますよ。

それぞれ違う色のかごを選べばさらにわかりやすくなります。それだけでキッチンに彩りがでておしゃれに見えますね。

乾物収納のスペースに合わせてかごの高さも自由自在

続いて乾物収納の場所について。使用頻度が高い人はすぐに取り出せるように見える位置に置いておくか、棚の収納スペースに余裕がある方は棚の中にしまう方もいることでしょう。かごの場合は、柔軟性があるので上部を折り込んで使ったり、四角く形作ったりすることもできるので、どういった収納スペースにもフィットします。

棚の場合は、高さに合わせて調節できますし柔らかいので隙間に押し込むことも可能。

目の届く場所に置いておしゃれに魅せる収納もよし、棚の中でのすっきり整理用に使うもよしの便利な収納アイテムです。

かごにラベルをつけて簡単に可愛いオリジナルの乾物収納を

山の乾物、海の乾物に分けて収納する方法にプラスして、もっと使いやすくしたい場合は、ラベルをつけるのもおすすめです。

写真のように、種類を記入したラベルを簡単にかごに通すことができます。乾物類が多く、もっとすっきりさせたいならば、名前を書いてしっかり管理すれば、ごちゃごちゃ感はさらに解決できますね。穴開けしたラベルを紐に通して、鍵編み棒をつかって、かごに通して結ぶだけで簡単に完成です。キッチンを一人ではなく複数人で使う場合は特にラベルを付けておくと長く整理整頓が続きますよ。

まとめ

料理に活躍しれくる乾物類。種類も多く、袋の大きさもまちまちなので、収納しづらいアイテムですが、かごを利用しながら、さらに一工夫することでよりすっきり、分かりやすく収納することができます。

細々したものがきれいに整頓されていると、心地よい気分で料理に集中できそうですね。