根菜保存にぴったりの手織りかご!ナチュラル&機能性素材

2019.02.05
野菜の収納

使用ORIKAGO: 丸型Sサイズ ベーシック イエロー、ハーフボーダー レッド・ナチュラル、マーブル ライトグリーン・ナチュラル

キッチン片隅に必ずあるといってもいい野菜、根菜類。煮込み料理や炒め物など、どんな料理にも使えるので多めにストックしている方は多いのではないでしょうか。常温保存ができるところも嬉しいですよね。

とはいえ、スーパーや八百屋さんで買い物した袋やダンボールなどで保存していては、残念ながら見栄えがよくありません。また、比較的長持ちする野菜でも、保存状態によっては痛みが早くなってしまいます。

そこで、根菜の保存には通気性のよいかご収納がおすすめですよ。常温保存が基本の根菜は、キッチンで保存するための定位置&スペースをかごでしっかりつくっておきましょう。

根菜保存には天然素材のかご収納。通気性よい根菜に優しいかごを

基本的に常温保存のものが多い根菜。ということは、必然的にキッチンのどこかに必ず保存スペースが必要になるということですね。

根菜の保存場所が定位置化してないと、購入してきてそのまま仮置き状態になってしまったり、すでに買ってあったにも関わらず、勘違いしてまた購入してしまうなんてこともあり得ます。常備野菜である根菜は、保存用のかごでしっかり居場所を決めてあげるといいですね。

根菜の保存量やキッチンのスペースに適したサイズを選んで、ポンと置いておけば、見栄えもきれいになります。スーパーの袋やダンボール内で居心地悪そうにしていた根菜が、なんだか生き生きして見えてくるから不思議です。ナチュラル素材のかごはその優しい風合いがインテリアの役目も果たしてくれるのも魅力ですね。

根菜を長く保存しておくには、できるだけ通気性がよく根菜たちが居心地よいと感じてもらえる場所をつくることが大切です。

かごでの根菜保存は、多くの特性を持つ万能かごで

では、根菜をかご保存すると、具体的にどんなメリットがあるのでしょうか。

まずは、その丈夫さ。手織りされているかごは運動会の綱引きロープにも使われる耐久性のあるタフなナチュラル素材から作られています。その他にも、通気性、調湿性、防臭性も兼ね備えている機能性素材です。

また形状も間口が大きく開いているので、手に取りやすく料理に取り掛かる前の材料準備もパッと簡単。保存している根菜の状態もすぐに確認することができますよ。

まさに根菜の保存向きのかごといえますね。

また、かごでは珍しい柔軟性もおすすめポイントです。天然素材のかごというと硬いタイプのかごも多いですが、柔らかいタイプのかごは、織り目が密でしっかりしているだけでなく、しなやかさもあるのでかごの縁(フチ)を簡単に折り込んで使うことができます。

根菜の保存量に合わせてかごの高さ調節をしたり、気分転換に折り目を変えてキッチンでの見栄えを簡単にイメージチェンジすることも可能です。

折り目のちょっとした位置の違いで、かごの表情は結構変わってくるので飽きることなく使えますね。高さ調節をして棚間に入れたり、キュッとすぼめて隙間に収納できるところも活用しやすい点ですよ。

まとめ

根菜の保存場所をしっかり定位置化して、通気性のよいかごで可愛く収納できたら、キッチンに立つ時間も楽しく感じられそうではないですか。おいしい根菜料理を家族にたくさん作ってあげたくなって、どんどん料理の腕もあがるかもしれませんね。キッチンの片隅にちょこんと置いてあるだけの根菜用保存かごでも、その存在感は可愛く、おしゃれです。

根菜たちに長持ちしてもらうためにも通気性のよいかごで保存してあげてください。