自然素材のかごで根菜収納を可愛く彩りあるものに

2019.02.05
野菜の収納

使用ORIKAGO: 丸型SSサイズ ベーシック ベージュ、丸型Sサイズ ベーシック レッド、丸型Mサイズ マーブル グレー・ナチュラル

野菜の中で多く使われるもの、いろいろな料理のレシピに登場するものといえば、根菜類ではないでしょうか。

玉ねぎ、にんじん、じゃがいも、さつまいもなどなど。どの家庭でも目にする定番野菜ですね。そんな根菜の収納、みなさんはどのようにされていますか。常温保存ができ、日持ちするので保存はしやすいですが、困るのはその収納方法や収納場所です。

家族の人数や買い物をする頻度、料理をする回数などライフスタイルはざまざまですが、キッチンにそのまま置くのは見栄えが気になりますし、保存状態もあまりよくありません。頻繁に使う根菜は取りやすさも大切です。

そこで、かご収納の出番。見やすく取りやすい便利な自然素材のかごを使った根菜収納法をご紹介します。

根菜に優しい通気性・調湿性のあるかご収納。根菜収納も見栄えよく

間口の広いかごは見やすい、取りやすい、補充しやすいところが魅力。料理によく使われる根菜は使いやすい収納でないと、手際よくおいしい料理が作れませんからね。間口が広いのでもちろん風通しはいいのですが、さらにおすすめなのはその素材です。

アフリカ産の自然植物でつくられているかごは、耐久性に優れた丈夫な素材です。また、通気性、調湿性も兼ね備えているのでまさに根菜の収納にも適した素材といえます。根菜をかごに収納すれば、見栄えもきれいになり、合わせて保存環境も整えられますよ。根菜たちも通気性のよい場所で保存されたら、居心地よくて長持ちしてくれるはずです。

根菜ごとに種類わけした可愛いかご収納

小さめのかごを選んで、根菜の種類ごとにかごを色でわける方法もおすすめです。例えば、いつも常備している根菜の色に合わせてにんじんはオレンジ系、玉ねぎはイエロー系、じゃがいもはあえてグリーン系など、好みの色、根菜に合いそうな色を選んで楽しみながらポンポン収納できます。

根菜の色とは別色を選んで、はっきりとわかりやすくしてもいいですね。できれば、明るい色を選んだ方が根菜たちはおいしそうに見えますよ。キッチンが色とりどり、可愛く華やかに彩られます。

隙間もしっかり活用!かごバックを使った根菜収納

同じ素材のかごバックを根菜収納に使うとまた違った雰囲気がでてきます。そのまま置いても可愛いですが、バックの持ち手を活かして、ちょっとした隙間に収納するのもおすすめです。

写真のように、バックの持ち手を引き出しの取手のように使います。持ち手があることで、出し入れが簡単にできるようになりますし、持ち運びも便利ですね。

空っぽになったら、そのまま買い物用のエコバッグとして持ち出すこともできます。

また、しなやかな柔軟性も持ち合わせているので、かごをキュッと押さえて、ちょっとした隙間にスッと入れることも可能です。棚と壁の間など小さなスペースも活用できますよ。

まとめ

根菜は料理に欠かせない野菜です。キッチンにある野菜の定番ですから、可愛く見栄えよく収納したいですよね。

さまざまな特性を持っている自然素材のかごで、根菜を収納しながらキッチンが明るく彩ることができれば、毎日の料理がもっと楽しくできそうではないですか。