天然素材のかごでじゃがいも収納をおしゃれに見せる方法

2019.02.05
野菜の収納

使用ORIKAGO: 丸型SSサイズ ベーシック レッド

多くの料理に使われるじゃがいも。常温保存ができて比較的長持ちする野菜なので収納はしやすいイメージかと思います。

ですがスーパーや八百屋さんで購入したそのままの袋でじゃがいもを収納していると、見栄えが良くない上に、保存状態も悪く痛みが早くなってしまいますね。保存には風通しがよく湿気がこもりにくく、直射日光に当たらない場所が適しています。

キッチンを見栄えよくしながら、食材を取り出しやすく料理の流れを邪魔しない収納ができたら嬉しいですよね。

今回は常温保存可能なじゃがいもを天然素材の丈夫なかごを使っておしゃれに収納する方法をご紹介します。

料理の手際をスムーズに!パッと取りやすいかごのじゃがいも収納

じゃがいもはいろいろな料理のレシピに登場する野菜。ストックを切らさず保管しておくと安心ですね。コロコロと転がりやすいじゃがいもは、しっかり安定感のあるかごに収納すると便利ですよ。

天然植物で手織りされたかごなら、間口が広いので料理中でもパッと取り出せることができます。また通気性・調湿性があるのでかごはまさにじゃがいも収納に適した素材といえます。収納量も一目で確認できるのもポイントのひとつ。

毎日の料理を楽しくするには、使い勝手の良さは外せませんからね。

見た目でも楽しむ。じゃがいもをおしゃれに収納する方法

常温保存の野菜はキッチンでの置き方や収納方法で印象がだいぶ変わります。そのまま置いておくと見た目が悪く散らかった印象になってしまいます。天然素材のかごは、丸いフォルムが可愛らしく、じゃがいもを入れた際の見栄えの相性も抜群です。じゃがいもを収納しながらキッチンにさりげなく置いておくだけで素敵なインテリアになりますよ。

また、スペースに不安がある方は、じゃがいもを収納したかごを同じ素材のプラントハンガーに入れて吊るす収納法もおすすめです。空間を利用した収納で飾りながらじゃがいも収納は遊び心があっておしゃれですね。吊るす収納にすることでかごの底面の通気性もさらにプラスされますよ。

キッチンの全体の雰囲気やお鍋、ケトルの色などと合わせてかごのカラーやデザインを選ぶのも楽しいもの。最近は多くのカラーバリエーション、デザインのかごが出回るようになりました。

かごを収納に利用する方も増えてきています。かご収納は気軽に取り入れられる上に、機能性とインテリア性があるのでおすすめです。

まとめ

かごを活用したじゃがいも収納についてご紹介してきました。風通しの良い自然素材のかごに、コロコロとしたじゃがいもが無造作に収納されていると、キッチンの雰囲気も優しく柔らかくなりますね。

キッチンで過ごす時間も意外と長いので、毎日の料理へのモチベーションを維持するためにもぜひ見た目にも可愛いかご収納方法を取り入れてみてください。