通気性よい自然素材のかごで可愛く彩る玉ねぎの収納法

2019.02.05
野菜の収納

使用ORIKAGO: 丸型Sサイズ ツーピース ナチュラル・ピンク、丸型Sサイズ ツーピース ナチュラル・オレンジ

通年出回っている玉ねぎ。お料理には欠かせない野菜ですよね。

和食、洋食、中華どんな料理にも合うので、玉ねぎだけはきらさないように多めに収納している家庭も多いのではないでしょうか。また、健康によい野菜とも言われているので、欠かさずに食べている方もいらっしゃると思います。

そんな様々な料理で活躍する玉ねぎですが、みなさんはどのように収納していますか。

数が増えると意外とかさばる野菜ですし、ポンとテーブルに置くだけだと丸みがあるので何かの拍子にコロコロと転がって落ちる心配もあります。各家庭のキッチンの収納スペースや家族の人数、自炊率によっても玉ねぎの収納方法は変わってくるかもしれませんね。

今回はそんな野菜の中でも利用機会の多い玉ねぎについて、ナチュラル素材から生まれた手織りかごを活用した収納法をご紹介します。

玉ねぎの収納に向いている多くの特徴を秘めた手織りかご

玉ねぎは常温保存ができて、長持ちする野菜です。冷蔵保存が必要ないので、まさにかご収納向きといえます。ですが長期保存できる野菜とはいえ、保存状態がよくないと痛みは早まってしまいますね。

ナチュラル素材のかごは通気性や調湿性、防臭性や耐食性など多くの特徴を兼ね備えているので、玉ねぎのような常温保存の収納に適しています。また、素材は運動会の綱引きや船のロープにも使用されるタフな素材なので長く使えるのも嬉しいポイントです。

機能性だけでなくインテリア性も高いので、キッチンの雰囲気にあわせてかごを選んで、玉ねぎを入れて置くだけでも飾る収納アイテムとして使うことができますよ。

収納量や収納スペースにあったサイズ撰び

家族の人数、料理をする頻度、収納スペースなどで普段の玉ねぎの収納量はそれぞれ変わってきます。

一人暮らしや買い物の頻度が多いのであれば小さめサイズのかごで十分かもしれませんし、大家族や玉ねぎ大好きな家族がいれば大きめのかごでたっぷり収納するといいですね。

玉ねぎをかごで収納するなら丸い形のかごがおすすめです。玉ねぎのコロンとしたフォルムとかごの丸さがぴったり合ってキッチンを可愛く彩ってくれます。

柔軟な素材なので、縁(フチ)の部分を自由に折り込んで高さを変えたり、形を変えたりすることできますよ。収納量の変化やスペースにあわせて自由に調整できるのも魅力です。間口の広いかごなら、玉ねぎをポンポン入れやすく、取り出しやすいので料理が手際よくスムーズに進みそうですね。

まとめ

玉ねぎのかごを使った収納法をご紹介しましたがいかがだったでしょうか。使い勝手よくインテリアのアクセントにもなる自然素材のかごは使うほどにその良さを実感できる存在感ある収納アイテムです。

ぜひ、ポンポンと玉ねぎを収納しておしゃれにキッチンを彩ってみてください。玉ねぎがコロンとかごに入る可愛らしさをご自宅で実感して頂けると嬉しいです♪