風通しのよい野菜バスケットでキッチンを明るく彩りを

2019.02.05
野菜の収納

使用ORIKAGO: 楕円型 ベーシック ピンク

季節によって作る料理のレパートリーは変わりますよね。

旬の野菜を目にすることで季節の変化を感じている方もいるかと思います。好きな野菜が店頭に並びだすと、ウキウキした気分になりますね。もしかしたら、家庭菜園が趣味の方や、ご近所の農家さんから収穫したばかりの野菜をいただく方もいるかもしれません。

そんな料理に欠かせない野菜の保存をみなさんはどのようにしていますか。できるだけ野菜の鮮度を落とさず長持ちさせたいとだれもが思うはず。

今回は野菜の収納におすすめのナチュラル素材のバスケットをご紹介します。

泥つき野菜の保存にはカラフルなバスケットで彩り豊かに

野菜をバスケットで収納する場合は常温保存が可能な野菜を選びます。例えば、スーパーで購入した泥付き野菜やもぎ立てのネギやごぼうなどはどのように保存しているでしょうか。

泥つき野菜は泥を落とさず、そのまま保存するとよいと言われていますね。新聞紙などに包んで直射日光が当たらないように置きたいところですが、それでは見栄えが残念・・と思う方は多いはずです。

そこで、カラフルな自然素材のバスケットに野菜を収納すると、見栄えはかなりよくなりますよ。新聞紙にくるんでいても、なぜか可愛くおしゃれに見えてきます。

ナチュラルなベージュやブラウン系、ビタミンカラーのイエローやオレンジ系、ビビットなレッドやグリーン系などキッチンの雰囲気や気分に合わせてバスケットのカラーを選べば、キッチンに立つ時間がより楽しく感じられます。野菜で料理したくなるような心躍るカラーのバスケットをぜひ選んでみてください。

野菜収納向き!機能性豊かなバスケット

野菜の鮮度を保つには、保存環境が大きなポイントになります。ここでご紹介するバスケットの素材はケニアに自生している自然植物で多くの特徴を持ち合わせています。

現地で手摘み&手織りされているバスケットは、空気が通りやすい蒸れない素材。その通気性のよさは、まさに野菜収納向きといえます。ほかにも耐久性や耐食性も兼ね備えています。運動会の綱引きロープにも使用されている丈夫な素材で腐食に強く、劣化しにくいところも魅力ですよ。

丈夫で長持ち、使うほどに馴染んで風合いが増してきた野菜入りのバスケットは、まさにそこが自分の居場所と言っているかのように見えてくるから不思議です。

ネギやごぼうなど長さのある野菜をバスケットに入れる際は、高さがある大きめの丸型バスケットか、平たく長さのある楕円型のバスケットがおすすめです。バスケット内の空いたスペースには、玉ねぎやじゃがいも、にんじんなどをコロコロと入れておくとさらに可愛らしく見えますよ。

まとめ

野菜を保存する際は、温度だけでなく湿度があがらないようにしておくことが大切です。風通しのよい自然素材のバスケットなら野菜の保存に優しく、カラフルな色合いでキッチンを明るく彩ってくれますよ。

キッチンにある野菜が可愛いバスケットに入っていたら、次は何を作ろうかなと料理の意欲も沸いてきそうではないですか♪