きれいにすっきり!キッチンでの野菜収納に適したかごの収納法

2019.02.05
野菜の収納

毎日の食事にかかせない野菜。最近は特に健康志向が高まっているので、どの家庭でもキッチンには必ずと言ってもいいくらい、何かかしら野菜は常備されているのではないでしょか。野菜を新鮮に保つために、冷蔵庫に入れなければいけない野菜と常温保存が基本の野菜がありますね。

キッチンにある野菜が段ボールや新聞紙、ポリ袋に入ったままでは、見栄えはとてもイマイチ残念です。キッチンでの野菜の収納をわかりやすく、きれいに収納できたら、お料理の時間をもっと楽しむことができそうに感じませんか♪

ここではキッチンに置く常温野菜の収納について、天然素材のかごを使った方法をお伝えします!

キッチンに必ずある野菜の収納。何に入れたらよい?!

使用ORIKAGO: 丸型Mサイズ ハーフボーダー ライトグリーン・ナチュラル

キッチンでの野菜収納方法と言われて思い浮かぶのはどのようなものでしょうか。一般的にはキッチンワゴン、専用ラック、ベジバック、麻袋などが多いと思います。100円ショップなどでも便利な収納用品は販売されていますね。限られたキッチンスペースを有効活用して、野菜をより長持ちさせながら見た目も可愛い収納ができたら嬉しく思いませんか。

「朝、昼、晩の3食必ずキッチンで」という方は少ないかもしれませんが、生活空間の中では重要な場所です。自分の体に入る野菜だからこそ、すっきり整理された場所から出し入れできるような収納にかえてみましょう。

そこでひとつの方法として、かご収納があります。大きなラックやワゴンでなくても、キッチンできれいに野菜の収納ができますよ。

場所をとらないので一人暮らしの少量野菜、狭いキッチンでの野菜収納におすすめです!

キッチンで活躍。野菜収納に適した通気性・調湿性に優れた丈夫なかご

使用ORIKAGO: 丸型Sサイズ ツーピース ナチュラル・ダークピンク、丸型Sサイズ ツーピース ナチュラル・オレンジ

常温保存に適している野菜といえば、じゃがいも、にんじん、玉ねぎなどの土の中で育つ野菜です。もとも長持ちする野菜ですが、せっかく購入したからには新鮮においしく頂きたいもの。かご収納の利点の一つはその通気性・調湿性。風通しが良いので長く収納しても野菜が傷みにくい機能性の収納アイテムです。

また、素材は丈夫なナチュラル素材なので長持ちなのも嬉しいですね。運動会の綱引きや船のロープにも使われている強い繊維なので野菜をたくさん押し込んでも壊れないので安心です。

野菜がかごから顔を出している姿は見た目にも可愛らしいですが、実は長持ちで通気性があるなど、しっかりとした実用性がかご収納の魅力です。

野菜の種類ごとにかごをわかれば、使いやすさも倍に!

使用ORIKAGO: 丸型SSサイズ ベーシック レッド、 丸型SSサイズ ベーシック ベージュ、 丸型Sサイズ マーブル グレー・ナチュラル

ここまでで、キッチンまわりの野菜収納にかごが適していることをご紹介してきました。さらに使いやすく野菜の保存管理をするなら、かご毎に野菜を分ける方法がおすすめです。

キッチンの統一感を持たせるならデザインを合わせたり、カラーを揃えつつでデザインだけ変えて遊び心を出してみるのもおしゃれですね。

分かりやすさ重視なら野菜の種類でかごの色分けをしてもよいでしょう。かご分けしていれば、かご底に違う野菜が埋もれていたなんてこともなくなります。

まとめ

限られたキッチンスペースでの野菜の収納に通気性・調湿性あるかごであれば、すっきりきれいに簡単に活用できそうではないでしょうか。誰にでもできる収納方法だからこそ、食生活に必要な野菜の収納にも適しているともいえます。

野菜収納にかごを考えたことがなかったとうい方はぜひ参考にしてみてください♪