枕元をすっきり収納!ベッド周りの片付け用手織りかご

2019.01.30
寝室のスペース活用

枕元には、細かい物から少し大きめの物まで、ベッド周りで使うものがいろいろ置いてありますよね。

枕元をきれいに保とうと思って片付けても、使っているうちにだんだん散らかってしまう…なんてことも、少なくないはず。忙しい毎日の中で日々整理をするのはやはり手間がかかってしますし、大変ですよね。

そこで今回は普段から簡単にすっきりした状態を保つことのできるような枕元での収納方法をご紹介します。

枕元収納で次の日の着替えを準備

毎日の寝る前に翌日分の着替えを準備してからベッドに入る方も少なくないかと思います。ただ、意外とそうした衣類の置き場に困ってしまうもの。

翌朝にバタバタをしないように枕元に衣類をきちんと収納できると嬉しいですよね。また、収納アイテムがあることで、翌日の準備をすることを忘れずに習慣化されやすいといったメリットもありそうです。

手織りかごであれば、間口が広くて出し入れが簡単なので衣類などサイズの異なるモノの収納に適しています。衣類の他にもその日身に着けるアクセサリーや手袋、マフラーやマスク、持って出る必要がある書類など色んなアイテムも一緒にポンっと収納することができます。出し入れが簡単なので便利ですね。

枕元に可愛い手織りかごが置いてあれば、気分良くその日のスタートも切れそうですね。

かさばる小物も枕元でスッキリ収納

最近では枕元に置いているアイテムといえばスマートフォンなどの充電器でしょうか。寝る前のベッドでスマホを使いそのまま充電しながら就寝する方も多いようです。その他にも本やメガネ、時計やアクセサリーなど小物を枕元によくあるものですね。

こうした小物も小さめの手織りかごを一つ用意するだけでスッキリ収納することができます。ポンとっと入れるだけなので忙しい朝でも負担なく片付けができますよ。

手織りかごのデザインやカラーも幅広いバリエーションがあるので、気分や好み、毛布の色やお部屋の雰囲気に合わせてお気に入りの手織りかごを選べば、寝室や枕元がより心地よい空間になりますね。

寝室は休息のための大事なスペースなのでぜひ自分好みのかごを取り入れて枕元をスッキリ収納してみてください♪

まとめ

いかがだったでしょうか。枕元といえば、その他にも電気やエアコン、テレビのリモコンなども置いている方も多そうですね。

無機質な雰囲気になりがちな電子機器ほど、ナチュラルな手織りかごで収納してあげることで空気感も柔らかくなります。

ぜひ、寝室の枕元に好みの手織りかごを取り入れて、ゆっくりくつろげる空間づくりに役立ててください。