サイザルバッグを冬に楽しむ♪小物使いでおしゃれ上級者

サイザルバッグを冬に楽しむ♪
小物使いでおしゃれ上級者

サイザルバッグ、冬の季節に持ってみようと思ったことはありますか?
多くの方は夏のアイテムだから、冬に持つことなんてないでしょ・・そう思う方も多いのでは。

実はサイザルバッグは一年使えるおしゃれアイテム。
バッグのカラーを冬っぽいものにするだけでその印象は大きく変わります。
サイザルバッグの「冬持ち」。なんだかおしゃれに思えてきませんか?
今回は、冬にだからこそ持ちたいサイザルバッグ、冬にも持てるサイザルバッグをご紹介します!

サイザルバッグって、冬に持てるの?

  • 「サイザルバッグはやっぱり春夏物だよね」
  • 「かごバッグは冬には持ちづらいな…」
  • 「でも冬にも持てたらいいのに…」

春夏物の印象が強いサイザルバッグ。
このように感じている方も多いのではないでしょうか。

実は、サイザルバッグは冬でも楽しめるアイテムです!
ちょっとした工夫で、オールシーズン使える便利なバッグに早変わりします。

今回は、サイザルバッグを秋冬に持つためのポイントや方法をご紹介します。

サイザルバッグを冬に持つなら、
カラー選びがポイント!

サイザルバッグと聞いて思い浮かぶカラーは何色ですか?
おそらくナチュラルな素材の色合いや、
レッドやピンク、イエローといった
鮮やかな明るいカラフルな色味の印象が強いのではないでしょうか。
サイザルバッグで夏のおしゃれを楽しむ、定番のカラーですよね。

でも実は、最近はサイザルバッグのカラーはとても豊富に出回っていて、
冬でも楽しめるカラーのバッグもたくさん登場しています。

おすすめは落ち着いたカラー

おすすめは落ち着いたカラー

冬に持つサイザルバッグでおすすめしたいのが、ダークトーンのカラー。
例えば落ち着いた艶っぽい色味のブラック、くすみ感が魅力の服に合わせやすいグレー、こげ茶色の黒味あるダークブラウンなど。
冬にサイザルバッグを持つなら、これらのカラーが特におすすめですよ。

深みのある落ち着いたカラーは、遠目から見ると従来のかごバッグっぽさをあまり感じさせない印象に。
ポップなカラーとはまた違って、季節に限らず実用的でおしゃれなバッグとして楽しむことができます。
厚みのある冬のコートにもすっと馴染んでくれるところが魅力です。

冬だけでなく、夏持ちもOK

冬だけでなく、夏持ちもOK

また、冬に人気のブラック、グレー、ダークブラウンは、もちろん夏場にも使えます。
落ち着いた色味のバッグは、どんなお洋服ともケンカせず馴染んでくれやすいですよね。
サイザルバッグもその例外ではありません。
夏物のお洋服の明るい色味をより引き立ててくれますよ。

ダークトーンのサイザルバッグは、年中使用できるアイテム。
ひとつ持っておくと便利におしゃれを楽しむことができますよ。

遊び心あるデザインで
冬のおしゃれを楽しめるバッグ

もしバッグの色味が少し暗すぎるようなら、
デザイン性あるサイザルバッグを選ぶといいですよ。
カラーだけでなく、デザイン性も豊富なところがサイザルバッグの楽しいところ。
いくつかおすすめのデザインをご紹介します。

マーブル柄

マーブル柄

不規則な模様が織りなすマーブル柄。
落ち着いたトーンの色味をベースに明るいトーンのカラーが加わることで軽さや抜け感が生まれ、柔らかさのあるおしゃれ感を演出してくれます。

暗めの色味のお洋服が多くなりがちな冬。
マーブル柄は、全体のコーディネートにやや重さを感じるときに合わせると、バランスを保つアイテムとして活躍してくれます。

チェッカーライン

チェッカーライン

チェックのラインが入ったサイザルバッグは、主張しすぎない遊び心で冬のおしゃれコーデを一層引き立ててくれますよ。

コートを羽織ったフォーマルな服装には上品に、ダウンジャケットのカジュアルな服装にはかわいく、お洋服のテイストによって印象が変わるところも魅力的。

どんなコーディネートでもアクセントになってくれる、冬のおしゃれを楽しませてくれるデザインです。

小物使いで、簡単おしゃれな
冬のサイザルバッグコーデ

「それでもやっぱり夏のイメージが強いな…」
と感じることもあるかもしれませんね。

実は、さらに冬っぽくおしゃれに見せる簡単な方法もあります。
そんな、冬のザイザルバッグをより楽しむための方法をご紹介します。

ストールやマフラーと合わせて

ストールやマフラーと合わせて

ひとつめは、ストールやマフラー、ファーなどをバッグの上にポンと乗せる方法です。

身近にある秋冬物アイテムと合わせると、グッと夏らしい印象が薄まるのが不思議で面白いところ。
サイザルバッグのデザインは至ってシンプル。
2色使いのデザインバッグも上品な慎ましさがあるため、ストールやマフラーなどの小物使いもアクセントとしてばっちり効いてきますね。

冬にサイザルバッグって、高度なファッションセンスやコーディネート術が必要な印象もありますが、実はもっと気軽で簡単に楽しむことができるのです。

冬物のチャームも便利

冬物のキーホルダーも便利

ふたつめは、冬っぽいふわふわ&もこもこのチャームを付ける方法。

サイザルバッグが冬らしいものと相性が良いのは、きっとその見た目にも理由があります。
遠目だとニットを編み込んだようにも見えるデザインですよね。
そのため、チャームやキーホルダーのような小さなアイテムだけでも、あるだけでグッと温かい印象に。
サイザルバッグを冬のおしゃれアイテムとして持ち歩きやすくなりますよ。

まとめ

いかかでしたか。
サイザルバッグは夏だけのもの…その印象は変わりましたか?

サイザルバッグはカラー選びと小物使いで、おしゃれなファッションとして冬でも十分活躍してくれます。
難しいコーディネート術は必要ないので、気軽に冬のおしゃれに取り入れることができますよね。

サイザルバッグの「冬持ち」で、ぜひ冬のファッションも楽しんでくださいね♪