男女問わず持ちやすい!かごバッグはトート型がおすすめ

2019.02.07
かごバッグについて

「かごバッグって女性が持つものだよね。」そんな風にお思いの方は多いのではないでしょうか。確かにメディアでは女性向きで取り上げられることの多いかごバッグですが、実は男性でもおしゃれに持つことができます。

最近はかごバッグの形やカラーの種類も増え、男性向きのかごバッグも多く出回るようになりました。男性にもぜひ、気軽にかごバッグでのおしゃれを楽しんでもらいたい!

そこで今回は、男性でも使えるおしゃれなトート型のかごバッグをご紹介します!

男女問わず持ちやすい!かごバッグはトート型がおすすめ

女性のおしゃれアイテムのイメージが高いかごバッグ。確かに丸型や派手目なカラー、デコレーションされたかごバッグが多いのでほとんどの方はそう思うはずですね。

今回ご紹介するのは、手織りのかごバッグではめずらしい四角い形のトート型。ケニア産の自然植物を採取し、撚り糸づくり、染色、かご織りもすべて現地の女性たちによるハンドメイド品です。耐久性の高い丈夫な素材と色落ちしにくい厳選した染料。ケニアに代々伝わるかご織り技術の多くは丸い形のかごバッグで、四角いトート型に織り上げる技術はさらに高度なものになります。限られた織り子さんたちにしかできない、職人技が光るかごバッグです。

A4ファイルや雑誌もしっかり入れられるサイズで、男性が持つとおしゃれでカッコよく見えるデザインですよ。

かごバッグを持つなんて考えたことのない男性でも、トート型なら抵抗なく持つことができ、おしゃれの幅も広がります。男性が持つならかごバッグはトート型がおすすめです。

通勤や通学、普段持ち。いろいろな場面で使えるトート型のかごバッグ

トート型のシンプルな形とデザインなので、通勤用や通学用、普段持ちと色々な場面で使うことができます。ジャケットやコートならきちっと感が出せますし、パーカーやデニムならカジュアルな印象になります。革靴、スニーカー、夏ならもちろんサンダルにも。

持ち手のハンドルが本革ハンドルなのも、男性におすすめしたいポイントのひとつです。ハンドル部分は日本の革職人監修のもと、日本で取り付けています。かごの素材と同じハンドルや合皮のハンドルは多く見かけますが、かごバッグに本革のハンドルはあまりなく、丈夫な上に肩が痛くなるようなこともありません。

かごバッグのトート型は、もちろん女性にも持ってもらいたい形です。女性の荷物は多くなりがち。たっぷり入るトート型なら、毎日使いに最適です。収納力十分なので、お買い物をしてちょっと荷物が増えても大丈夫。小さいものならトートのかごバッグにスッと収められますよ。

夫婦やパートナーとさりげなくお揃いで持つのもいいですね。自然素材の慎ましいデザインなので、お揃い持ちは恥ずかしいと思う方でも、気負いなくさりげなく持つことができます。

まとめ

「かごバッグ=女性のもの」というイメージは払拭できたでしょうか。

かごバッグは男性にも使ってほしいおしゃれアイテム。かごバッグを持つことに抵抗ある方でも、トート型のかごバッグなら気軽にコーディネートを楽しめますよ。今まで知らなかった自分らしさを見つけられるかもしれませんね。

おしゃれ感だけでなく、機能性十分なかごバッグのトートなら、男性にもきっと使いやすいと思って頂けるはずです♪