野菜収納にはかごを使って自由気ままに可愛く整理

2019.02.05
野菜の収納

使用ORIKAGO: 丸型Sサイズ ハーフボーダー レッド・ナチュラル、丸型Sサイズ マーブル ライトグリーン・ナチュラル、丸型Sサイズ ベーシック イエロー

お料理に欠かせない野菜。毎日の料理に野菜は必ずと言ってもいいほど登場するのではないでしょうか。そんな野菜たちの収納は、すぐ使えるようにキッチンに置いている方がほとんどですね。でもキッチンが狭いと、野菜の収納も一苦労。野菜たちも窮屈そうにみえます。

また、一人暮らしや家族暮らしで保存したい野菜の量は違ってきます。狭い空間を活用しながら、野菜を取りやすく管理しやすい、自分に合った方法が見つけられたら嬉しく思いませんか。

そこで今回は生活スタイルに合わせてスムーズに野菜の保管ができる収納かごを活用した整理術をご紹介します。

野菜収納を丸型のかごに変えてキッチンを可愛らしく

使用ORIKAGO: 丸型Mサイズ ハーフボーダー ライトグリーン・ナチュラル

毎日の食卓の準備は色々と作業が多くて大変ですね。献立を決めて買い物をして自宅に戻ったら食材をキッチンで整理整頓。冷蔵保存の野菜は冷蔵庫へしまった後、常温保存の野菜たちの収納については、決まった置き場がないのでとりあえずキッチンの空いたスペースに置いている、といった方も多いのではないでしょうか。

買ったままの袋にいれたままでは見栄えはよくないし、通気性など保存状態も適したものとはいえません。

おいしい料理に必要な野菜ですから、新鮮に長持ちさせつつ、取り出しやすさや可愛さがある収納方法だと嬉しいですよね。写真のように、丸型の手織りかごはフォルムに可愛らしさがあって、野菜をいれるとさらに表情がでてきます。通気性があるナチュラル素材なので野菜収納にも適しています。

収納スペースを自由に変更!野菜の量に合わせてかごを畳んで整理

使用ORIKAGO: 丸型Sサイズ ツーピース ナチュラル・ダークピンク、丸型Sサイズ ツーピース ナチュラル・オレンジ

日々の野菜のストック量は結構変わりやすいですね。季節によっても違いがでますし、買い物をするスーパーで特売があったり、忙しいときは1度にまとめ買いをしたりすることもあります。

そうした変動にも手織りかごだとスムーズに対応できますよ。

ナチュラル素材のかごは柔軟なので折り返して高さの調節が可能。ストックが少ないときは畳んで小さく、多いときは元の高さに戻してたっぷり収納。キッチンはスペースが限られている場合が多いので、収納かごで保存する量を調節できるのは便利ですよね。時々の状況にあわせて臨機応変な野菜の収納ができるようになります。

スペースに余裕があれば、野菜ごとにかごを分けて使うのもおしゃれな利用法ですよ。

かごのサイズは家族や生活スタイルにあわせて自由に

使用ORIKAGO: 楕円型 ベーシック ピンク

家族の人数によっても収納しておきたい野菜の量は変わってきますね。それにあわせてサイズも選ぶことができます。一人暮らしでそれほど多くないなら、小さめのかご一つで済むかもしれません。一人でも毎日必ず自炊、ベジタリアンという方なら大きめサイズを選んだり、2~3個を使い分けたりしてもいいですね。

複数使う場合は、野菜の種類ごとにかご分けすると整理に便利ですよ。今日買っておくべき野菜が一目でわかるので買い物忘れも防げそうですね。

丸形タイプのかごがメインですが、野菜を特に多く使う方には楕円型のかごもおすすめです。間口が広いので色々なタイプの野菜をまとめて入れておくことができますよ♪

まとめ

かごを使った野菜収納法をご紹介しましたがいかがだったでしょうか。

今までの野菜の収納方法に不満がある方はぜひ参考にしてみてください。好みの色のかごでキッチンを彩りながら収納できればキッチンで過ごす時間が一層楽しくなるかもしれませんね。

自分の生活に合ったサイズやカラーのかごを見つけてぜひ野菜収納に役立ててみてください。